2021年度第3回英検1級(2022/1/23実施)を受験しました

昨日、英検1級を受験してきました。

大学生の時は英検1級がはるか遠くに見えていたのに、気づけば手が届きそうな位置にありました。細々とでも勉強を続ければここまで来れるんだなぁと感慨深いです。

受験の感想

リーディング

語彙問題はパス単で勉強したものが多く出ました。一方、熟語は対策不足だったため、ほぼ勘で答えることになってしまいました。

読解問題は骨のある文章が多く、何問かかなり悩みました。特に、フェミニズムとアイゼンハウアーの長文が難しく感じました。

英作文

読解に手間取りましたが英作文になんとか30分残すことができました。

トピックは、Should investment in technology be a bigger priority for governments?でした。自分の得意な話に持っていきやすいテーマで、過去問と比べても簡単だったような気がします。

優先度の話なので、問いに正確に答えるには「科学への投資を他の分野や問題より優先する理由」を答えないといけないと思うのですが、過去問の模範解答を見てもそこまで答えていないことが多かったです。使用していた対策本(『英作文問題 完全制覇』)でも事前に用意したコンテンツブロックを組み合わせて回答しており、問いの直接の回答になってないよな~と感じていました。

その点が英検対策をやっていて一番引っかかっていた部分だったのですが、本番ではそこは割り切って科学への投資のメリットを3つ挙げました。地球温暖化や少子化問題を織り込むことで、「他の問題よりも科学への投資が優先される理由」となるように意識はしました。

①新しい技術が実用化されれば経済的に良い影響がある

②技術で地球温暖化を解決できる可能性がある

③ロボットなどの技術で少子高齢化による技術力不足を補える

環境やテクノロジーの分野は得意ではないので、英語で何と言うのか分からず表現を変えたりしてごまかしました。2次までには各分野のキーワードを頭に入れておきたいところです。

リスニング

音が響く部屋だったのでクリアに聞こえず自宅で解くよりも難しく感じました。さらに、途中からトイレに行きたくなってしまい、あまり集中できませんでした。自信を持って答えられた問題が半分くらいだったので不安になりました。

自己採点結果

解答速報が公表されたので早速自己採点しました。

リーディング

Part 1(語彙問題) 16/25

Part 2(読解問題) 6/6

Part 3(読解問題) 10/10

計         32/41

語彙問題でコケてしまいましたが、読解は満点が取れました。

リスニング

Part 1    9/10

Part 2    7/10

Part 3    4/5

Part 4    2/2

計      22/27

過去問を解いていたときから分かっていましたがPart 2が苦手です。文章が比較的短く、少しでも聞き逃すと答えられなくなる問題が多いです。反対にPart 4は同じ話題が続くので聴きやすいです。

英作文次第ではありますが、おそらく1次はパスできたのではないでしょうか。2次の対策を始めていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました