英語スピーキング学習法

スピーキングができるようになる仕組み

「英語を話す」という行為を分解すると、下記の二つに分けられます。

①話すためのパーツを持っている

話すためのパーツとは、単語や構文の知識のことです。話す文章はこれらのパーツで構成されているため、最低限の知識がなければアウトプットしようがありません。「私はリンゴが好きです」と伝える際に、like、apples、という単語を知らなければ文章を作るのは困難になります。それらの単語を使わずに「I love red fruits which Adam and Eve ate in the Garden of Eden」などと説明できるかもしれませんがこちらの方がよほど難易度が高いです。このことから分かるように、語彙を増やすことはスピーキング力の向上に繋がります。

また、語彙はアクティブボキャブラリー(Active Vocabulary)とパッシブボキャブラリー(Passive Vocabulary)の二つに分けることができます。パッシブボキャブラリーは聞いて理解することのできる語彙であるのに対し、アクティブボキャブラリーはスピーキングやライティングで能動的に使用することのできる語彙です。基本的にアクティブボキャブラリーはパッシブボキャブラリーよりも少なくなります。パッシブボキャブラリーをいくら増やしても、アクティブボキャブラリーを増やさなければスピーキング力は伸びていきません。語彙力を増やす時にはこの点を意識する必要があります。

②新たな文章を組み立てられるようになる

話すためのパーツが揃ったら、それらを組み立てて文章を作ります。組み立てる際には文法知識が必要になります。例えば、I likeという表現とswimという単語を知っていたとしても、文法知識がなければI like swimmingという形を作ることはできません。I like swimや、I swim likeという文を作ってしまうかもしれません。簡単な内容であれば言いたいことは通じるかもしれませんが、より複雑な話をしたいのであれば文法知識が必要になってきます。

また、スピーキングにおいては文章を組み立てる時間も重要になってきます。間違いのない完璧な文章であっても、それを作るのに1分も考えこんでしまうようだと実践的ではありません。このことから、文章を作る際に必要なポイントは、正確さとスピードの二点です。この点は、スポーツや音楽と同じように反射的にできるようになるまで反復練習をするしかありません。どのような練習をすればよいのかを下記で紹介していきます。

森沢 洋介『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(ベレ出版)

瞬間英作文は簡単な文章で「日本語→英語」という練習を繰り返すことで、アウトプットの練習ができる本です。今、持っている単語や文法でこれだけの表現ができるのだということを実感できると思います。学校での英語学習はリスニングとリーディング、受け身の学習が中心でした。英語が話せないという人でも話すためのパーツはある程度持っていることが多いので、パッシブな知識をアクティブに変えていくことが大切です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) | 森沢 洋介 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで森沢 洋介のどんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)。アマゾンならポイント還元本が多数。森沢 洋介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またどんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

横山 雅彦, 中村 佐知子『英語のハノン』(筑摩書房)

英語のハノンでは「英語→英語」で文章を展開していく練習ができます。例えば、I like apples → You like apples → He likes apples → He likes green apples…のように文章を展開していきます。一見簡単そうに見えますが、会話のスピードで文章を展開していくのは、かなり頭を使います。ハノンがすらすらできるようになれば、文章を正確に組み立てて話すことができるようになります。「ハノン」という名前からも分かるように基礎練のような位置づけのトレーニングなので、簡単な文章(初級)から始めることをおすすめします。

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル (単行本) | 横山 雅彦, 中村 佐知子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで横山 雅彦, 中村 佐知子の英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。横山 雅彦, 中村 佐知子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル (単...

独り言学習法

書籍を使って、指定された内容で話せるようになってきたら、「独り言」がおすすめです。そこの学習法はその名の通り、ひたすら独り言を言うという学習方法です。独り言のメリットはたくさんあります。相手がいないので間違えても恥ずかしくありませんし、納得いくまで言い直すことも可能です。練習する時間や場所も問いません。電車の中や、家事をしながらなど、隙間時間でスピーキング力を鍛えることができます。話すテーマも自由なので、自分が実際に使いそうな内容から覚えていくと効率が良いです。

オンライン英会話

より実践的なスピーキングの練習には、オンライン英会話が一番です。総合的にスピーキング能力を鍛えることができます。相手の話を理解した上でそれに対して返事をするのは、独り言を言うよりも難易度が高いです。また、辞書を引きながら話すわけにはいかないので自分の持っている知識の範囲内で意見を伝える練習にもなります。自力では思いつかないような表現を教えてもらえたりもします。

NativeCamp

月額制で、レッスン回数無制限でオンライン英会話ができます。集中的にスピーキング能力を高めたいときに、好きなだけレッスンを受けられるのがありがたいです。予約なしで思い立ったときにレッスンができるので、使いやすかったです。下記から7日間の無料トライアルができます。



タイトルとURLをコピーしました